『ボクらとオカンの・・・・漫才な日々』


北海道で暮らすボーダーコリー9頭とオカンの生活記録
by taisho_k
オカンの写真だけの
もうひとつのブログだよ




■ご注意■

*無断リンク禁止です*
リンク希望の方は
メールにてお知らせください
*写真転載禁止*
全ての写真・文章の転載
印刷等はご遠慮くらさい
*Copyright 2006~by sae
* All rights reserved. bysae

メールは
 risel_juno@yahoo.co.jp
@を半角に変更してください


カテゴリ
以前の記事

2008年 06月 30日 ( 3 )

パートナー

リセル
彼女はワタシにとって、とても大切なパートナー
もちろん、他の子が大切じゃないわけではないけれど

リセルはワタシにとってスペシャルな子である


もちろん、彼女と最初から最高のパートナーだったわけではない
リセルと心が通じ会えたのは、彼女が1歳半のころだった


リセルは3ヶ月の時に、はるばるウェールズからグラハムとジェフと3頭で飛行機に乗ってやってきた
最初は、グラハムとジェフがワタシの犬になる予定だった
が、やってきてなぜかメス犬がワタシのツナギの裾や長靴を噛みまとわりついてきて離れなかった
それが、リセルである

かくして、リセルとグラハム二頭がワタシの犬となった
性格は、ま逆の二頭だった

グラハムはとにかくおおらかで、優しく言ったことを理解しとても育てやすかった
が、リセルは・・・・(汗
自分の体と頭をもてあまし、ワタシを困らせワタシは怒ってばっかり
彼女の考えていることがまったくわからない
そして、怒れば怒るほど彼女との関係は離れるばかり
手に負えないほど悩み苦しんだ

そんな暮らしが一年半ほど続いた・・・

その頃、私は友人たちとシェアし暮らしていた
そこにジェフも一緒に住んでいた

とある日、ワタシは出張にでなければならなくなった
でも、シェアしていたこともあり、泊まりで仕事が入ったときはお互いに犬の面倒をみることをしてきていた
もちろん、この出張の時も

そして、二泊三日の仕事を終えて家に戻ってきたとき
友人が犬を放し、車の中でゴソゴソと何かをしていた

「ねえ、ジェフは?」

そう、ジェフが居ないのだ
ワタシの犬達 ミスティ、ハスク、グラハム、リセル は居るのにジェフがいない

「えっ?さっきまでソコに居たよ」と

とにかくワタシの犬達を部屋の中へ入れてジェフを呼んだ
が、居ない・・・・。

なぜ?どうして?

友人も流石にあせりだした


一時間ほど呼んだが帰ってこない
田舎だったこともあり、まわりには家はない
隣の家まで一キロほどあったぐらい
ウチが最後の家だから車がくることもない

おかしい・・・


部屋に行き、リセルをつれてきた

「ねえ、リセル ジェフわかるよね
 ジェフが居ないの・・・・どこに行ったか知ってる?」

リセルにすがりついた
それしか方法がみつからなかったから・・・


リセルは、ワタシから離れ トボトボと歩き出した


そして、家を出て道路に出たところの側溝を覗き込みコッチを見た

「えっ?そこにジェフは居るの?」

覗き込んでみたが、いなかった

また、リセルが歩き出した
道を下り町の方へ

ワタシが呆然と見ているとコッチをみた

呼んでいる そう思った

「そっちなんだね」とリセルに声をかけた

リセルは、トボトボと歩き出した
そして、草むらの中に入り、草むらから顔だけだしてコッチをみた

「そこにジェフは居たの?」
またリセルは歩き出した

延々・・・・・
少し行っては止まり、コッチをみる

道を下り、曲がり角でまがりちょうどウチの裏山の谷へ
もう危ない、これ以上はこの暗闇で危険だ

「もういいよ、リセル ウチへ帰ろう」
動かないリセルを連れて家に戻った

そして、リセルを家の中へ入れて
グラハムを連れて庭に出た

「グラハム、ジェフ わかるよね 
 ジェフが居ないの・・・知ってる?」

グラハムが歩き出し、いちばん最初に行った場所は
リセルと同じ、側溝だった
そして、側溝を覗き込みコッチをみたのだ

全身鳥肌が立った
リセルと同じ行動をとったのだ

そして、その後もまったくといっていいほど同じ場所を歩き、同じ場所に入りコッチを見る

この子たちは、わかってる
きっとコレがジェフが通っていた足取りだろう



家に戻り、リセルとグラハムを抱きしめ泣いた



リセルがワタシを連れてジェフが通った道を教えてくれたとき
まだ、ワタシは信じていなかった
ただただ何かにすがりたいだけだった

でも、グラハムが同じ道を通り同じように教えてくれたとき
ワタシの心をここまでも感じ取り、理解し、伝えようとしてくれている彼らをはじめて信じることができた
そして、頼ることを

ワタシなんかよりもずっとずっと強い彼ら
今まで、がんばりすぎていた自分を恥じた
できないことを無理せず、頼ればいいんだ
すっと肩の荷が下りた


ワタシは犬達にお願いをするようになった
ワタシのしたいことを伝えるだけ
ソレを彼らは、ちゃんと汲み取り答えてくれる

そう、犬達はいつもワタシの声や行動に耳を傾けているから



友人の犬、ジェフは帰ってこなかった
一日たち、二日たち・・・一週間たち

ジェフが残してくれたもの
それは、気づき
パートナーとしての付き合い方を彼は残して・・・

そして、寿命ではなく
昨日まで元気でも・・・ふと目の前から消えてしまうということもあるということ
その日を大切に犬達と生きなければならないことを教えてくれた


数年前にグラハムは旅立った
彼が居なくなったとき・・・背中の支えがなくなり隙間風を感じた
そして、リセル
彼女は11歳の夏を越えようとしている
一心同体の彼女 リセル
リセルなしで暮らすことを想像することができないほどに・・・
彼女との大切な時間を笑顔で過ごしたい
そして・・・
まだ、頼りない飼い主のワタシを置いていかないでねとソファーに横たわるリセルにつぶやいた
そして、リセルはちゃんとキスをして答えてくれた


寝る前、彼らに
「大好きだよ ありがとう」と・・・言ってキスをする
これが、ジェフが居なくなってからのワタシの日課である
[PR]
by taisho_k | 2008-06-30 23:34

ジュニいろいろ

ジュニといっぱいサンポをした
7月後半から忙しくなって、ジュニには我慢をさせてしまう・・・・
でも、ソレがキミの宿命
ジュニもそれをちゃんとわかっている

だからってこともあるし・・・今日はジュニといっぱいサンポをした

 そうだなあ・・・・朝のサンポから時間を足したら

  すごい時間歩いたり、ノンビリしたりしたなあ

  だって、クッキーとカフェオレを持ってサンポに出て・・・・丘の上で寝ちゃったんです(笑

そんな、素敵な休日のジュニの表情は様々


庭で放牧され、他のヤツラが水遊びをするなか・・・
ジュニは一人、根っこと格闘中
e0113228_1914975.jpg

「ねえ、ジュニィ 楽しいの?」

「ん?、ボク 忙しいんだ」
e0113228_192452.jpg


と、せっせと根っこと格闘中
e0113228_1932217.jpg

って、挙句の果てには庭に穴まで掘り始めた
ダメだって~、せっかくがんばって維持している芝が(><)

犬たちを放牧している間、畑の草取りを・・・
あっミニトマトがなってる
「ジュニ、食べる?」
って、お前 ヨダレが垂れてるよ(汗
e0113228_194711.jpg

「ポーン」
e0113228_1943181.jpg

「パクっ」 ナイスキャッチ

畑を通って、おサンポ
もうジャガイモの花が咲き乱れています
e0113228_196105.jpg


ジュニが鼻を高々上げて、ピクッ
イソイソと歩いていった先には・・・
e0113228_1971984.jpg

「あっ! ジュニぃ ダメだって!!」

「だってー好きなんだもん」
e0113228_1983218.jpg


ダメです、ダメ 
ソレは、、、人間さまのモノですから(汗

さてと、丘の方へ行ってかけっこしよう!
e0113228_1993558.jpg

ジュニも嬉しそう

丘へ行って休憩
広い、麦畑が一面見下ろせます
e0113228_19262320.jpg

もう少ししたら、コレが金色に輝くんです♪

そして、丘に座ってクッキーとカフェオレでまったり♪
ジュニといっぱいお話
ナイショの話もいっぱいしました(笑)
e0113228_19105998.jpg


風が気持ちよくて、、、、さわやかな一日です
e0113228_19123653.jpg


e0113228_19132252.jpg


めいいっぱい遊んでたら・・・日も傾き始めて(笑
e0113228_1914951.jpg


あんまりキレイな夕日にはならなかったけど
いっぱい遊べたからいいよね ジュニ
e0113228_19153150.jpg


いろんな表情があるって、とっても幸せ
悲しい顔より、笑顔が見れる幸せを感じたオサンポ
楽しかったなあ。。。。

次のオヤスミが晴れたら、川へ行こう
そろそろ「バイカモ」が咲き始めてるから
って、まだ川の水は冷たいだよな~(笑
[PR]
by taisho_k | 2008-06-30 20:02 | 犬たちとの日常

なんにもしない日

ずっとずっと忙しくて
犬たちと思いっきり遊ぶということをしてこれなかった
我慢をする犬ドモ・・・・

ちょこっとオカンはヤマシイ気持ち


で、今日はなんにもしない日にしました


そう、朝から犬たちとサンポして


 昼間は、庭で思いっきり水遊びをして

 ランチは、適当に食べて 犬ドモを放牧したまま何もせず・・・(笑


一頭づつサンポにでかけてお話して~と

朝からずっと奉仕の日


結構、焼けました(汗

まっいいけど


e0113228_18573767.jpg

[PR]
by taisho_k | 2008-06-30 19:08 | 犬たちとの日常


その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧