『ボクらとオカンの・・・・漫才な日々』


北海道で暮らすボーダーコリー9頭とオカンの生活記録
by taisho_k
オカンの写真だけの
もうひとつのブログだよ




■ご注意■

*無断リンク禁止です*
リンク希望の方は
メールにてお知らせください
*写真転載禁止*
全ての写真・文章の転載
印刷等はご遠慮くらさい
*Copyright 2006~by sae
* All rights reserved. bysae

メールは
 risel_juno@yahoo.co.jp
@を半角に変更してください


フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事

<   2008年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧

パートナー

リセル
彼女はワタシにとって、とても大切なパートナー
もちろん、他の子が大切じゃないわけではないけれど

リセルはワタシにとってスペシャルな子である


もちろん、彼女と最初から最高のパートナーだったわけではない
リセルと心が通じ会えたのは、彼女が1歳半のころだった


リセルは3ヶ月の時に、はるばるウェールズからグラハムとジェフと3頭で飛行機に乗ってやってきた
最初は、グラハムとジェフがワタシの犬になる予定だった
が、やってきてなぜかメス犬がワタシのツナギの裾や長靴を噛みまとわりついてきて離れなかった
それが、リセルである

かくして、リセルとグラハム二頭がワタシの犬となった
性格は、ま逆の二頭だった

グラハムはとにかくおおらかで、優しく言ったことを理解しとても育てやすかった
が、リセルは・・・・(汗
自分の体と頭をもてあまし、ワタシを困らせワタシは怒ってばっかり
彼女の考えていることがまったくわからない
そして、怒れば怒るほど彼女との関係は離れるばかり
手に負えないほど悩み苦しんだ

そんな暮らしが一年半ほど続いた・・・

その頃、私は友人たちとシェアし暮らしていた
そこにジェフも一緒に住んでいた

とある日、ワタシは出張にでなければならなくなった
でも、シェアしていたこともあり、泊まりで仕事が入ったときはお互いに犬の面倒をみることをしてきていた
もちろん、この出張の時も

そして、二泊三日の仕事を終えて家に戻ってきたとき
友人が犬を放し、車の中でゴソゴソと何かをしていた

「ねえ、ジェフは?」

そう、ジェフが居ないのだ
ワタシの犬達 ミスティ、ハスク、グラハム、リセル は居るのにジェフがいない

「えっ?さっきまでソコに居たよ」と

とにかくワタシの犬達を部屋の中へ入れてジェフを呼んだ
が、居ない・・・・。

なぜ?どうして?

友人も流石にあせりだした


一時間ほど呼んだが帰ってこない
田舎だったこともあり、まわりには家はない
隣の家まで一キロほどあったぐらい
ウチが最後の家だから車がくることもない

おかしい・・・


部屋に行き、リセルをつれてきた

「ねえ、リセル ジェフわかるよね
 ジェフが居ないの・・・・どこに行ったか知ってる?」

リセルにすがりついた
それしか方法がみつからなかったから・・・


リセルは、ワタシから離れ トボトボと歩き出した


そして、家を出て道路に出たところの側溝を覗き込みコッチを見た

「えっ?そこにジェフは居るの?」

覗き込んでみたが、いなかった

また、リセルが歩き出した
道を下り町の方へ

ワタシが呆然と見ているとコッチをみた

呼んでいる そう思った

「そっちなんだね」とリセルに声をかけた

リセルは、トボトボと歩き出した
そして、草むらの中に入り、草むらから顔だけだしてコッチをみた

「そこにジェフは居たの?」
またリセルは歩き出した

延々・・・・・
少し行っては止まり、コッチをみる

道を下り、曲がり角でまがりちょうどウチの裏山の谷へ
もう危ない、これ以上はこの暗闇で危険だ

「もういいよ、リセル ウチへ帰ろう」
動かないリセルを連れて家に戻った

そして、リセルを家の中へ入れて
グラハムを連れて庭に出た

「グラハム、ジェフ わかるよね 
 ジェフが居ないの・・・知ってる?」

グラハムが歩き出し、いちばん最初に行った場所は
リセルと同じ、側溝だった
そして、側溝を覗き込みコッチをみたのだ

全身鳥肌が立った
リセルと同じ行動をとったのだ

そして、その後もまったくといっていいほど同じ場所を歩き、同じ場所に入りコッチを見る

この子たちは、わかってる
きっとコレがジェフが通っていた足取りだろう



家に戻り、リセルとグラハムを抱きしめ泣いた



リセルがワタシを連れてジェフが通った道を教えてくれたとき
まだ、ワタシは信じていなかった
ただただ何かにすがりたいだけだった

でも、グラハムが同じ道を通り同じように教えてくれたとき
ワタシの心をここまでも感じ取り、理解し、伝えようとしてくれている彼らをはじめて信じることができた
そして、頼ることを

ワタシなんかよりもずっとずっと強い彼ら
今まで、がんばりすぎていた自分を恥じた
できないことを無理せず、頼ればいいんだ
すっと肩の荷が下りた


ワタシは犬達にお願いをするようになった
ワタシのしたいことを伝えるだけ
ソレを彼らは、ちゃんと汲み取り答えてくれる

そう、犬達はいつもワタシの声や行動に耳を傾けているから



友人の犬、ジェフは帰ってこなかった
一日たち、二日たち・・・一週間たち

ジェフが残してくれたもの
それは、気づき
パートナーとしての付き合い方を彼は残して・・・

そして、寿命ではなく
昨日まで元気でも・・・ふと目の前から消えてしまうということもあるということ
その日を大切に犬達と生きなければならないことを教えてくれた


数年前にグラハムは旅立った
彼が居なくなったとき・・・背中の支えがなくなり隙間風を感じた
そして、リセル
彼女は11歳の夏を越えようとしている
一心同体の彼女 リセル
リセルなしで暮らすことを想像することができないほどに・・・
彼女との大切な時間を笑顔で過ごしたい
そして・・・
まだ、頼りない飼い主のワタシを置いていかないでねとソファーに横たわるリセルにつぶやいた
そして、リセルはちゃんとキスをして答えてくれた


寝る前、彼らに
「大好きだよ ありがとう」と・・・言ってキスをする
これが、ジェフが居なくなってからのワタシの日課である
[PR]
by taisho_k | 2008-06-30 23:34

ジュニいろいろ

ジュニといっぱいサンポをした
7月後半から忙しくなって、ジュニには我慢をさせてしまう・・・・
でも、ソレがキミの宿命
ジュニもそれをちゃんとわかっている

だからってこともあるし・・・今日はジュニといっぱいサンポをした

 そうだなあ・・・・朝のサンポから時間を足したら

  すごい時間歩いたり、ノンビリしたりしたなあ

  だって、クッキーとカフェオレを持ってサンポに出て・・・・丘の上で寝ちゃったんです(笑

そんな、素敵な休日のジュニの表情は様々


庭で放牧され、他のヤツラが水遊びをするなか・・・
ジュニは一人、根っこと格闘中
e0113228_1914975.jpg

「ねえ、ジュニィ 楽しいの?」

「ん?、ボク 忙しいんだ」
e0113228_192452.jpg


と、せっせと根っこと格闘中
e0113228_1932217.jpg

って、挙句の果てには庭に穴まで掘り始めた
ダメだって~、せっかくがんばって維持している芝が(><)

犬たちを放牧している間、畑の草取りを・・・
あっミニトマトがなってる
「ジュニ、食べる?」
って、お前 ヨダレが垂れてるよ(汗
e0113228_194711.jpg

「ポーン」
e0113228_1943181.jpg

「パクっ」 ナイスキャッチ

畑を通って、おサンポ
もうジャガイモの花が咲き乱れています
e0113228_196105.jpg


ジュニが鼻を高々上げて、ピクッ
イソイソと歩いていった先には・・・
e0113228_1971984.jpg

「あっ! ジュニぃ ダメだって!!」

「だってー好きなんだもん」
e0113228_1983218.jpg


ダメです、ダメ 
ソレは、、、人間さまのモノですから(汗

さてと、丘の方へ行ってかけっこしよう!
e0113228_1993558.jpg

ジュニも嬉しそう

丘へ行って休憩
広い、麦畑が一面見下ろせます
e0113228_19262320.jpg

もう少ししたら、コレが金色に輝くんです♪

そして、丘に座ってクッキーとカフェオレでまったり♪
ジュニといっぱいお話
ナイショの話もいっぱいしました(笑)
e0113228_19105998.jpg


風が気持ちよくて、、、、さわやかな一日です
e0113228_19123653.jpg


e0113228_19132252.jpg


めいいっぱい遊んでたら・・・日も傾き始めて(笑
e0113228_1914951.jpg


あんまりキレイな夕日にはならなかったけど
いっぱい遊べたからいいよね ジュニ
e0113228_19153150.jpg


いろんな表情があるって、とっても幸せ
悲しい顔より、笑顔が見れる幸せを感じたオサンポ
楽しかったなあ。。。。

次のオヤスミが晴れたら、川へ行こう
そろそろ「バイカモ」が咲き始めてるから
って、まだ川の水は冷たいだよな~(笑
[PR]
by taisho_k | 2008-06-30 20:02 | 犬たちとの日常

なんにもしない日

ずっとずっと忙しくて
犬たちと思いっきり遊ぶということをしてこれなかった
我慢をする犬ドモ・・・・

ちょこっとオカンはヤマシイ気持ち


で、今日はなんにもしない日にしました


そう、朝から犬たちとサンポして


 昼間は、庭で思いっきり水遊びをして

 ランチは、適当に食べて 犬ドモを放牧したまま何もせず・・・(笑


一頭づつサンポにでかけてお話して~と

朝からずっと奉仕の日


結構、焼けました(汗

まっいいけど


e0113228_18573767.jpg

[PR]
by taisho_k | 2008-06-30 19:08 | 犬たちとの日常

変顔からみえる犬の関係

ぎゅうはカメラが大嫌いだ
カメラを向けると、すごい嫌な顔をする
が、彼女はとっても表情が豊かで人間くさいところをもっている
そんな彼女の変顔シリーズ

e0113228_19424774.jpg


e0113228_1944931.jpg
e0113228_19442644.jpg


芝の中に出ている藤の根っこを引っ張るぎゅう
そのぎゅうをとってもとっても冷めた目で見つめるリセル
「あんた、バカぢゃないの?」
e0113228_19451614.jpg


って、実は自分もしたいのよね リセルさん

ほーら、ぎゅうがいなくなったとたん 遊びだした
ソレを見つけたアディもやってきて
e0113228_1946750.jpg


「あたしもヤルぅぅぅぅ」
e0113228_19475868.jpg


「コレ、あたしの!」
と、にらみを利かせて 脅すアディさん
e0113228_19491024.jpg


まったくぅぅ 末っ子のわがままがそのまま顔に表れてます
で、ひとり根っこと格闘
e0113228_19501536.jpg


一人っ子で生まれた性というか・・・わがままなんだからぁ


セリーさん、あなたもスゴイ顔してるわ
e0113228_1951543.jpg



その点、男の子はカワイイ
とっても素直で甘えん坊で(笑
ねえ、クレッグ!
e0113228_19514728.jpg


クレッグ 行くよ!準備はいい?
「オッケー」
e0113228_1952245.jpg


じゃーんぷ!!
e0113228_19524954.jpg



まっコレがウチの犬たちの一通りの流れです
結局、わがままなアディがグチャグチャにして引っ掻き回すのよ
まったく
でもね、誰もアディを怒ることをしないの
どんな子とでも仲良くなるのも アディ
バッカスのお姉ちゃん ロビーなんてアディにメロメロだし
きっと何かが彼女にはあるんだと思う・・・


ちなみに言っておきますが
遊びの中ではぎゅうが棒なんかを独占していますが
いちばん強いのは「リセル」
彼女にかなうものはいません
彼女が一言「唸」ったときは、、、誰もが目を合わせずさがります
あっ唯一勝てるのがいた オカンです(笑
[PR]
by taisho_k | 2008-06-28 20:03 | 犬たちとの日常

ジュニとの・・・時間

今日もジュニとの時間をつくってきた

ジュニの苦手なもの
それは、スラロームでワタシが彼の左側にいる時
どうしても最後の二本のポールを抜いてしまっていた(><)

なぜだろう・・・
できないハズはない
なぜ抜けるんだろう
ずっと考えてきていた
もちろん慣れもあるけれど・・・
ガードをつけてただ慣らせばできるようになる
そうはしたくなかった

ソコには必ず理由がある
彼の場合はそうだ
理由・・・それはなんだろう

ジュニの場合
遠隔で飛ばすことを教えていない
とにかく、ワタシのもとへ帰ってくるようにしている
だから、彼の場合 スラロームでも同じ
一瞬でも早くワタシの元へ来たい一心であせり最後の二本を抜いて戻ってくるのだ
どうすれば・・・・

前回の競技会から一ヶ月
ずっと引っかかっていたことだった
やっと解決策の案が見つかり アジをする気持ちになれて

トライ!

うーん いい感じ

ジュニは、一度もガードをつけずにここまでこれた
もちろん、スピードを上げるだけとかただの機械仕掛けのアジリティドッグを作るなら簡単なこと
でも、そんなんではなくて・・・ジュニと心の繋がったアジリティがしたかった
ワタシにとってソレがアジリティをしている理由だから

昨日、今日と試してみていい感じ♪
ワタシがどんな動きをしようが、ちゃんと最後まで抜けずに通ってくる
もうちょっと練習は必要だけれど

楽しい
こうやってジュニとひとつづつ考えてできていくことが楽しい
一緒に成長して、よろこびあえることが楽しい

e0113228_19315716.jpg


どんな動きをしても抜けなくなり、やっと正面からのスラの写真が撮れた 嬉しい
[PR]
by taisho_k | 2008-06-28 19:38 | juniとのアジリティ

ふぞろいなイチゴたち

ここ最近の朝のお仕事

「イチゴ狩り」



犬ドモよりも先に行って採らないと・・・・盗まれる
イチゴ好きのジュニなんて、真っ赤な顔してイチゴをほおばるんだもん(><)

で、庭に帰ってきてセレブな朝ごはんの始まり


「執事さん!はやく はやく アタシはイチゴが食べたいの!」
e0113228_620642.jpg


「はいはい、お嬢様 イチゴでございますね」
「あーん」
e0113228_6218100.jpg


なんて、バカげた遊びをしていると・・・(汗

「コレ ボクの♪」と・・・
e0113228_6214791.jpg

確かにキミのだけれどさあ(笑

イチゴより先に、大好きなアスパラをポリポリ

で、終わると
「ボク、まだもらってません」と
e0113228_6232460.jpg

「全部はダメだよ、いっこづつね」
「ウン パクっ」
e0113228_624515.jpg

体はデカイけれど、意外と上品に食べるジュニ
なんてったって、「ぷりんすジュニ」ですから

「そうさ、オレは野獣のような『ヅちゃん』とは違うんだよ」 byジュニ男

「はい、エイラ」
e0113228_6251228.jpg


「りっちゃん も あーん」
e0113228_6253940.jpg



「ふっ ひとり 庭のサラダバーに夢中で来ないやつが居る ぎゅうです
   ふふふ
 そんなヤツにはやらん」

残りは、オカンのお腹に少しと 後は冷凍庫へ
イチゴであふれてる冷凍庫でした(笑

あっもちろん、くれっぐおぼっちゃまとセリーさん、他の犬ドモにも



ここ最近、みなさん お通じがよろしいようで


    セレブなお犬様は、快便でございます!
[PR]
by taisho_k | 2008-06-28 06:32 | 犬たちとの日常

これだーれだ 

PCの脳みそを整理していたらこんなものが見つかった


   問題です


  さて、これは誰でしょう!

  って、わかるかってねえ(笑



[PR]
by taisho_k | 2008-06-27 22:25 | 犬たちとの日常

ジュニと一ヶ月ぶりに練習

久しぶりにジュニとアジリティを楽しんだ

朝のサンポに行った後だったからすっごい疲れてたけど・・・
楽しかったね

つうか、何が疲れるって
終わったあとのヒッパリッこが疲れるのよ

全体重をかけて引っ張るジュニ
同じ兄弟のバッカスとのヒッパリッこを比べるとぜんぜん違って
ジュニの場合、重心が低く重いのである
どっしりとしたヒッパリッこ

でも、いっぱい我慢して一生懸命飛んでがんばった後の遊びだもんね
手を抜くことはできません

ほら、ワタシがコースを見ている間
ずっと我慢の子で待っているジュニが左すみにいるでしょ(笑



こうやってジュニと一緒にアジリティができることが楽しい


そうそう、7月の競技会の申し込みしました
今回は、オカンの体力の関係でジュニだけ
もちろん、アディともアジリティをして楽しんでます
ただ、競技会で二頭出しはキツイってことで(笑

さてと、ゴハンでも食べようっと!
犬ドモの排便時間が迫ってきてるし(笑
[PR]
by taisho_k | 2008-06-27 21:38 | juniとのアジリティ

行くよぉぉぉぉ

今週末は超ハードスケジュール

なんせ、3つものイベントの仕事が入ってます
ずっと、準備準備に追われ 疲れ果て(><)

とうとう、建て込みです



場所が当日までわからないというとんでもない仕事
まっいつものことなんですが
っていうか、ワタシの場合・・・当日その場ですべて考えるタイプで
図面もなにもありません
人の導線や広さ、高さを出しながら
ワタシの頭の中でイメージを作って作り上げるだけ

といっても、今回はさすがに3つの場所のかけもちはキツかった
朝から、イヤホンで片耳に音楽をかけ流し
自分の世界をつくりイメージを作り上げます
周りの人たちも、そんなワタシを知っているので話しかけたりはしません(笑

ひと段落すると・・・「すみません、こっちのディスプレーも手伝って・・・」と声がかかりますが(笑

午前中に一箇所
午後にとりあえずもう一箇所に行って、場所を下見
10分程度、その場所を見て「ヨシ!」
倉庫に戻って什器を掘り出します(笑
いろいろな木の箱やゴミだめに行ったり、ワタシの秘蔵のガラクタ倉庫をあさって(笑

とりあえず、什器まで運び込みました
明日にならないと、商品が入ってこないので
つうか、今夜は鍵がかからないので運びこめないんです
明日、朝一で行って二時間で作り上げなければなりません
まっなんとかなるでしょう(笑

もう一箇所、イメージだけ伝え作ってもらっていたディスプレーの確認
最後の手直しだけして 終了


疲れた~~~
さすがに、三箇所はつらい

こんな日は、やっぱりウチに帰って犬ドモと思いっきりサンポ


さあ、行くよぉぉぉぉぉぉ

と、犬ドモを解き放つ
パワフル全開の犬ドモ ハハッハ
e0113228_20424620.jpg

自由に走り回り
e0113228_2043958.jpg

棒を見つけてきて投げろって(笑
e0113228_20432567.jpg

ぎゅう、へんな顔(笑) 
ぎゅうがいちばん強いので、前にはこれないヤツラが後ろで控えてます
e0113228_20434070.jpg

オカンが動けば、どっか期待する犬ドモ
やらないって!(笑
e0113228_2044066.jpg

こんな崖を一気に駆け上ったり、降りたり
コレが普段のトレーニング?(笑
e0113228_20441053.jpg

コレも、トレーニング? そう、顎のトレーニング(笑)
e0113228_20453255.jpg

つうか、デカすぎないか?

ハードルはないけれど、倒木を越えるのもトレーニング(笑)
e0113228_20454895.jpg

そして、自由時間もあります 筋肉を休めないとね~
e0113228_20463675.jpg

何かをみつけたのか、ひとり離れていくやつも居ます
でも、そんなに遠くへは行きませんので大丈夫
e0113228_20464838.jpg

ほら、棒を見つけて帰ってきた
って、結局は棒の取り合い
e0113228_2047231.jpg

ボクは、こんな女帝軍団の中でケナゲに生きてます(><)
e0113228_20471987.jpg

さあ、いっぱい遊んだし 帰ろう!
帰り道は、全員オカンの後ろを歩きます
「あら、アディ!少し前に出すぎじゃなくて?」
e0113228_20473896.jpg

で、やっぱりおうちに帰ってきたら「ひとっぷろ」デス
つうか、部屋の中ビショビショになるやん(><)
e0113228_20484094.jpg


充実した一日
でもね、でも
がんばったから、とってもとってもいいことがあった
何?って、ソレはヒミツです

明日も朝からがんばろう
きっといいことがあるさっ
[PR]
by taisho_k | 2008-06-27 20:57 | 犬たちとの日常

北海道らしい気候

朝からとても素敵な青空が広がった北海道の空
へへへ
こんな日は、犬たちも元気
笑顔がいっぱいこぼれます
走って、ぶつかりあって 

エイラ~ぁぁぁぁ   おいで~~~
e0113228_19531387.jpg

暴走アディは、今日もひとり暴走中
e0113228_19532824.jpg

落ちてた棒を見つけて取り合い
結局棒は折れて、半分こ 仲良しです(笑
e0113228_19534345.jpg

イキイキ笑顔がとっても素敵
e0113228_19535870.jpg

いっぱいはしり回って、疲れて木陰で休憩中の3姉妹
e0113228_1954129.jpg

さあ、おうちへ帰りましょう
と、ウチについたとたん・・・・ドボン
満員御礼の水風呂
オカンも汗だくになってしまい、シャワーへ直行
こんな季節になってきたんだね
e0113228_19542445.jpg


明日の朝は、ちょこっと早起きしていいところへ行ってきます
へへへ、タノシミ タノシミ
[PR]
by taisho_k | 2008-06-25 20:12 | 犬たちとの日常


その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧