『ボクらとオカンの・・・・漫才な日々』


北海道で暮らすボーダーコリー9頭とオカンの生活記録
by taisho_k
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
オカンの写真だけの
もうひとつのブログだよ




■ご注意■

*無断リンク禁止です*
リンク希望の方は
メールにてお知らせください
*写真転載禁止*
全ての写真・文章の転載
印刷等はご遠慮くらさい
*Copyright 2006~by sae
* All rights reserved. bysae

メールは
 risel_juno@yahoo.co.jp
@を半角に変更してください


カテゴリ
以前の記事

カテゴリ:オヤツレシピ( 7 )

今夜のオヤツは豆乳グミ!

今夜のオヤツは豆乳グミ!

実は、昨晩食べた豆乳鍋
ちょこっと豆乳が残ってしまい
中途半端だったので・・・犬ドモのオヤツ 「豆乳グミ」を作りました


いたって簡単!
お湯で溶かしたゼラチンに、常温に戻した豆乳を入れて冷やすだけ

固まったら包丁で切って出来上がり
ゼリーよりも少し硬めに作るのがコツ!かな

ただいま冷やしてます
e0113228_2316567.jpg



排便所にある水のみ場のお水
コレは地下水でいつも流れてます
年間通して9度という水温
いつも水が流れているので、臭い対策に
そして、おいしいお水をいつでも飲めて、サンポで暑くなった体を冷やすのにも使われているお水ですが・・・こんな使い方も(笑
そうそう、夏になったらココでトマトも冷やしま~す

ちなみに、ゼラチンが溶ける温度は24℃で、
砂糖を加えると60℃ぐらいになりますが、犬用なので砂糖はナシ(まずそう)
とけない場合は湯煎にかけてとかします

固まる温度は13℃で冷蔵庫です
水温9℃で充分固まります! 便利、便利
[PR]
by taisho_k | 2008-04-10 23:22 | オヤツレシピ

オヤツのレシピ vol.7

6時ごろ帰宅し、犬たちを排便に出して 夕ゴハン

自分のメシもさっさと作り


ベットに横になった・・・


ゴハンのあと、排便する時間なのに・・・・ゴメン、立てない
深い眠りについてしまった


「よく寝た!」と目を覚まし、ボーっとした意識の中犬たちを排便に出す

ふと時計を見ると、22時
約3時間 とても深い眠りについたようであまたがスッキリ
疲れにはやっぱり睡眠

ホテル住まいで、疲れがピークに達しすぎて眠れない日もあったぐらいおかしくなっていたが
やっと、復活の兆し

ふと、犬たちのオヤツを作り始めた
今夜は「卵ボーロ

とっても簡単ですが、手が疲れます(笑)


卵ボーロ
デンプン(片栗粉) 30g
溶き卵 大匙1
スキムミルク 大匙1
メープルシロップ(蜂蜜・ローヤルゼリー)小さじ1

が基本の分量
ウチは卵二個を溶いてメープルシロップをタラリ、そこに同じ量のデンプンとスキムミルクを入れて混ぜ混ぜ
大体です(笑
ある程度固まったら、1センチ位に丸めてコロコロ
オーブントースターで5~6分ぐらいです
途中で様子を見ながらある程度焼けたら、天板を出してコロコロさせて最終焼き
あっという間にできておいしいオヤツ

犬たちは、オーブンとオカンから目が離せません

卵の量を減らして、蒸かしたカボチャを入れたり
ゴマを入れたり・・・とイロイロアレンジも

↓オーブンからでたばっかりのアツアツのオヤツ
新聞紙の上で冷してます
リセルは、まわりの犬を寄せ付けず、「これ食べたらダメなんだからね~」と忙しそう
って、お前が一番食べそうなんですけど・・・
e0113228_022734.jpg


市販されている卵ボーロと違ってちょっともっちりとした感じのボーロです
デンプンで作っているからモチモチ感倍増
人が食べてもマジウマです 
[PR]
by taisho_k | 2008-03-18 23:56 | オヤツレシピ

オヤツのレシピ vol.6

ヨーグルトの作り方!!
実は、とっても簡単にヨーグルトはできます。
温度管理さえしっかりすれば(笑
ウチは「ナマケモノ」になってしまったので現在ヨーグルトメーカーを使ってます


用意するもの
・牛乳
・ブルガリアヨーグルト(コレがいちばんよかったよ)
・温度計

①牛乳を湯せんにかけて40℃ぐらいに暖めます。
 牛乳パックのまま湯せんにかけてもいいです。
 ※このぐらいの温度で乳酸菌は最も活発に活動してくれます。

②湯せんにかけて温まった牛乳にヨーグルトを入れます

 分量は、ミルクの10%ぐらい
 一リットルの牛乳に対して100ccぐらいです

③牛乳の温度をなるべく40℃に保つ。
 鍋や流しに45℃ぐらいのお湯を張って牛乳を入れた容器をつけておくといいです

④夏場と冬場でも時間は違いますが、6~7時間ぐらいでヨーグルトができます。
 出来上がったヨーグルトを撹拌すると滑らかな口当たりになります。


いくつか実験した中で・・・
密閉できる容器に暖めた牛乳とヨーグルトを入れて、お風呂のお湯につけて朝になったらハイできあがりっていう方法や
冬場は、パックの牛乳をまずコップ一杯飲みます
飲んだ牛乳の分量のヨーグルトを紙パックに戻して、コタツの中に入れておくと簡単に出来たりします。

6時間~7時間という長い時間、どうやったら40℃を保てるのかがいちばんのポイントです。
それさえクリアーできれば簡単にできます!

作ったヨーグルトを種として使うこともできますが、
やっぱり雑菌が増えてくるので固まりにくくなっていきます
ので、時々新しいヨーグルトを買ってきましょう


そうそう、出来たヨーグルトをサラシなんかで作った袋に入れて水分を切るとヨーグルトチーズが出来上がります。
クリームチーズの代わりにヨーグルトチーズを使って焼いたヨーグルトチーズケーキは、カロリーも低く口当たりもさっぱりしてま~す!!
犬のオヤツヲ焼くのにはもってこいのチーズの出来上がりです
[PR]
by taisho_k | 2007-08-28 13:20 | オヤツレシピ

オヤツのレシピ vol.5

正確な分量を教えて~ということだったのでマジメ書きます(笑

チーズの作り方

といっても、だいたい二種類のタイプ 「酸」の力を借りるものと、レンネットを使うタイプと二種類に分けられます。
レンネットとは、子牛の第4胃の内壁を乾燥させたもで、レンネットに含まれているレンニンはたんぱく質を固める性質があります。

簡単に言うと、酸乳タイプチーズは水分が多く保存が利かないが簡単にでき、レンネットタイプは、材料の入手や道具の殺菌などがメンドクサイ(笑

昔、絞ったばかりの牛乳に「レンネット」を入れて作ったことがある。
「レンネット」を入れて少し待つと、ババロアみたいになってソレを食べるのだ!
暖かくてなんだかとってもオイシカッタ。が、切った途端、見る見る間に固まり味?食感が変わってくる コレは驚き!
このババロアみたいに固まったものを「カード」というのだけれど、この「カード」への切り方でイロイロな風味のチーズに仕上がるという


とまあ、難しい話は・・・置いておいて


簡単な「酸」チーズの作り方
一般に言われている「カッテージチーズ」というもの
犬のオヤツやゴハンにとっても便利!!

ヨーグルトは乳酸菌の力で固めたものだけれど「レモンチーズ」はレモンの「酸」の働きで固めたもの。
「レモン」の代わりに「穀物酢」「ワインビネガー」「リンゴ酢」などを使ってもオッケーよ

材料の割合
牛乳1リットル : 「酸」150cc = 200グラムのチーズができあがる

ので、どのくらい作りたいかで最初の牛乳の分量を計算できます


カッテージチーズの作り方
①殺菌した牛乳(といっても、買ってきた牛乳は普通問題なし。ウチの場合・・・絞った牛乳だったりするので)を鍋に入れ、40℃に暖めます。
大体、上にうっすら膜が張る程度です。
ソコへ、レモン汁を加えますミルク500ccに対してレモン2個分。
お酢の場合は、1リットルに対して150ccを入れます。

②「酸」を加えると段々とたんぱく質が固まって、水分と固形分に分離します。コレを木ベラなどで静かにかき混ぜます。

③15分ぐらい置いてから、フキンを敷いた漉器に鍋の中身をあけます。フキンの口を縛って手で押して水気をよく切ります。

④さらにざるの上に載せて重石をして水気を切ります。中身をボールにあけて木ベラを使って滑らかになるまでよく練ります。

コレが基本です。
まっ犬用ですぐに使ったりするので、ここまで水分を切らなかったりしますが・・・(汗
こんな感じで作ります


もちろん、犬用のオヤツやゴハンにも入れますが
人間用にも食べます(笑
イロイロなものを入れてディップにしたり、サラダの上にのせたり、パスタに入れたり!

とっても簡単にできます!
是非、お試しアレ!
[PR]
by taisho_k | 2007-08-27 11:02 | オヤツレシピ

オヤツのレシピ vol.4

庭に出来たタッチ障害
コレを克服するために、毎日「タッチ!10粒トレーニング」を開始する

ということで、作りました
オカン特性「ツブツブクッキー」

なぜ「ツブツブ」かといいますと
単に『ゴマ』がはいっているから(汗

いつもの「チーズバー」に「ゴマ」をアレンジしました
そして、小麦粉ではなく強力粉で作ってみました
本当は野菜でも練りこもうかとも思ったけど、めんどくさいのでやめた

かな~りテキトウ(笑

でも、今回は写真を撮ったぞ (わかりにくいかもしれないけど)

まず、弱火で牛乳を温める
膜が浮いてきたら火を止めて、お酢を入れサッとかき混ぜて待つ
e0113228_13212214.jpg


なんとな~く分離してきたら、漉して「水分」と「固体」に分ける
で、分けてできたのが「カッテージチーズ」
e0113228_1323653.jpg


このチーズの中に、粉とトッピング(ゴマ)とコーン油を入れてマゼマゼ
ある程度混ざったら、ジップロックに入れて3時間ぐらい寝かす zzz・・・・・・・・・・・・・
e0113228_13243418.jpg


一晩寝かしてあげるといい感じで出来上がります!
さてと、ジップロックの端っこをチョコっと切って、天板の上に搾り出します
天板の上には、クッキングシートが敷いてあります
出来るだけ油を使いたくないので、クッキングシートがオススメ
e0113228_13262485.jpg


牛乳一リットルでコノぐらいのクッキーが焼けるよ
低温でジックリ焼くと硬くていい感じのクッキーに
量とかはかなりアバウト
出来上がった、カッテージチーズの量で粉とかヨーグルトとかを入れて練り練りするだけ
チョー手抜き
でも、犬たちは大好きよん
e0113228_13272380.jpg



さて、このクッキーを作った目的は!
アディさんとのアジリティの為

毎回10粒をもって庭にでる!
題して「タッチ!10粒トレーニング」

がんばるぞ~~~
タッチ障害の入り口が難しい(汗
[PR]
by taisho_k | 2007-08-25 13:30 | オヤツレシピ

オヤツのレシピ vol.3

明日はお休み♪

ということで、今日はのんびり。。。。


         で、犬たちにオヤツを焼いてあげてます


今日のオヤツは 「チーズバー 」 



手作りカテージチーズで無塩のチーズのお菓子

①牛乳2リットルを沸騰寸前まで温め180mlのお酢を入れてさっとかき混ぜ、ふたをして10分蒸らす。

②ふきんでこし、380~400gのカテージチーズを作る。

③②と卵2個、はちみつまたはメープルシロップ大2杯をフードプロセッサーにかけ取り出し、薄力粉500gとこね、平らにのばし(バットがよい)冷蔵庫でかためる。

④包丁で切れるぐらいまでに固まったら50ミリ×10ミリに切り、クッキングシートをしいた鉄板に並べ180度で30分焼く。
 
*オーブンによって時間を調節してください!

*この分量では多いようだったら、半分にしてカテージチーズは翌朝、パンにつけて(はちみつと)召し上がってもいいのです。カテージチーズは生ものなので日持ちしません。


バットに並べて切るのはめんどくさかったので、スプーンですくって天板に並べました。
カッテージチーズを作るとき、お酢の匂いが気になる方は一度水洗いをすると気になりません
犬たちは、問題なく食べますけど(笑

今回は、メープルシロップも蜂蜜も入れませんでした。
焼き方によってやわらかいフワフワしたお餅みたいな感じになったりします


ちょっとつまみ食いしました(笑


e0113228_1342385.jpg

[PR]
by taisho_k | 2007-05-16 01:34 | オヤツレシピ

オヤツのレシピ vol.1 vol.2

私の性格は、とりあえずやってみる

        って、感じ


          やらないのに、キライともスキともいえないしね~


                        ってことで


実はお菓子作りは、大の苦手

子供の頃に、チョコレートクッキーを作ったハズなのに「羊羹」になってしまった
そう、完全に膨らまなかったのだ(爆笑

それ以来、お菓子作りには手をだしていなかった


でも、ここ数ヶ月 いろいろな人から犬たちのお菓子の差し入れをもらったりすることが多く
なんだか、途絶えることが犬たちがタノシミにしているのになあ・・・と買うように

だけど、意外と高いお菓子に加え 何が入っているかわからないし
とりあえず、イヌノだし・・・作ってあげようかな~なんて優しいキモチがフツフツと(笑)

ネットで犬のお菓子のレシピを仕入れ、早速作ってみたものの・・・失敗
でも、失敗したものの 犬にあげてみたらダレもが喜び食べてくれた

中でもクレッグは、ダレもが喜ぶモノでも食べなかったヤツで・・・
クレッグはお菓子がキライなんだろうなあ なんて思っていたぐらい
そのクレッグが、嬉しそうに食べてくれるんです

そのときは、嬉しかったなあ♪
それ以来、時間があると作るように

何度も失敗して、今でも失敗することはあるけど それでも喜んで食べてくれるヤツラにせっせと(笑


とっても簡単なんです
分量は、かな~り適当です
レシピを載せてってことだったので、私が最初に見たレシピを載せますね
それをやってみて、そこから自分流にアレンジしていくのが簡単かと

ヨーグルトクッキー

まずは、薄力粉とヨーグルトを用意して
薄力粉200グラム ヨーグルト100グラム
これをマゼマゼして、トースターで焼くだけ
トースターに鉄板がついてれば、それにクッキングシートをしいて焼いてます。そうすると、油やバターをしかなくてもくっつかずヘルシーになります
160度で10分くらい焼いて出来上がり

私は、この薄力粉(全粒粉)とヨーグルトをまぜませしたときに色んなものを入れます
朝食に食べるグラノラを入れたり、ナッツとかを入れたりアレンジ可
ちなみに、薄力粉は無農薬のモノ、全粒粉をよく使います!
薄力粉でアレルギーが出る子がいるので、そういう子にはスペルト粉にしたり、そば粉にしたり。。。たまに、この手の粉も買ってきて作ってます

このヨーグルトクッキーで手ならしをして、硬さの感覚ができたらバナナを潰して入れてみる
バナナは水分があるから、ちょっとヨーグルトを減らして作ります

やってみて、感じたのは混ぜて時間を置いたほうがいい感じ
で、もしやわらかいモノになってしまった場合っていうか、私はいつもやわらかくして厚めのビニール袋に入れて搾り出して天板の上に落としてます。

もうひとつ!オヤツを載せておきますね

おからキャロットケーキ

タマゴ 3個
おから 100g
無塩バター 40g
にんじん 一本まるごとすりおろし
レモン果汁 大さじ2
小麦粉 50g

作り方

1.にんじんはすりおろしてレモン汁をまぜる。
2.卵は黄みと白身に分け白身は角が立つまでよく泡立てる。
3.室温に戻したバターに砂糖を入れてよくまぜ、卵の黄みを1個ずつ入れながらさらにまぜる。
4.おから、にんじんのすりおろしをまぜ、ゴムベラでよくまぜる。
5.泡立てた白身を3,4回に分けて入れさっくりと混ぜて、天板に流してオーブン180℃で30~40分焼く。

※ちなみに、アレルギーの子やあわない子もいると思うので、そういう方は材料をかえてくださいね
 また、あくまでもうちの場合なので そこのところは参考までってことで
 お願いしま~す!!
 ちなみに、うちの場合 一個を1cmくらいの大きさにしてあって
 「オカンが作ってあげたモノ、感謝しろ~」と回数でアリガタミを押し付けてます(笑)
[PR]
by taisho_k | 2007-04-20 21:55 | オヤツレシピ


その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧