『ボクらとオカンの・・・・漫才な日々』


北海道で暮らすボーダーコリー9頭とオカンの生活記録
by taisho_k
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
オカンの写真だけの
もうひとつのブログだよ




■ご注意■

*無断リンク禁止です*
リンク希望の方は
メールにてお知らせください
*写真転載禁止*
全ての写真・文章の転載
印刷等はご遠慮くらさい
*Copyright 2006~by sae
* All rights reserved. bysae

メールは
 risel_juno@yahoo.co.jp
@を半角に変更してください


カテゴリ
以前の記事

このバカたれが!

仕事場に一本の電話がかかってきた

「犬が逃げてたので、上のグランドに犬をつないでおいています」と・・・

「スグに行きます」と行ってみたら


友人が、ウチの上のグラウンドでアジをしていた

「ねえ、リセルかなんか逃げたって?」


リセルは、窓を開けるコトを知っている
だから、今日はバリに入れていっているハズなのにおかしいなあとは思ったんだけど

なんと行ってみたら、ブランである


ひえぇ~
何故に、まさかコイツが脱走するとは@@



なんでも、友人が来て犬の声がする
ブランは遊びたかったらしく、リセルが窓を開けるのを見て覚えたのか
同じところから排便所に出て、そこから柵をこじ開けて
上のグラウンドへ

「いらっしゃ~~ぃ」と行ったらしい ハア

兎に角、笑顔で走ってきて 友人の犬たちと戯れたらしい
木に繋がれて、ぴょんぴょんはねるブラン
傍に行ったら、飛びつかれるかなあって思ったんだけど
寄り添ってきてかわいいのよ~

ボルゾイってこんなかわいいの?と友人談


まったく、お前が脱走するとは・・・
よっぽど、グラウンドへ行きたかったんだろう
リセルだって、排便所までは出るがソコからは脱走しねえぞ

ブランは賢い
一度やってしまえば、またやる
今夜は、ブランお嬢様が脱走できないようにウチを改造した

まったく、どこまで能天気なお嬢様なのか
敷地内から出ることはないだろうが ガッツリ怒られたブランであった



怒られるといえば・・・
ブランは来た当初、怒られても表情ひとつ変えずその場に居た
怒られているコトがわからなのだろうか

が、今は違う
今もジュニと部屋の中で大暴れをしようとして
「いいかげんにせえ!」と怒られたら・・・
ソファーから降りてきて
「オカン ごめんなさい」と寄り添い目をショボショボ

彼女は、怒られるコトも反省することも知らずにきたんだろう
来た当初は、反省の色も見せなかった
ワタシ自身も、どこまで怒って大丈夫なのかわからなかったが
今は、もう大丈夫
そうとうガッツリ怒られるブラン(笑)

おっと、反省したのか?
オモチャをもってやってきた
ソレって、オモチャで許して?ってコト(笑

ワタシがムシをしたら、今度はソファーからオモチャを落として他の犬たちがソレをとらないかなあって待っている(笑)


ブランお嬢様 いろいろ がんばっております(笑)
[PR]
by taisho_k | 2009-04-06 23:46 | 犬たちとの日常
<< 真夜中に動き回るヤツラ 納得できない! >>


その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧