『ボクらとオカンの・・・・漫才な日々』


北海道で暮らすボーダーコリー9頭とオカンの生活記録
by taisho_k
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
オカンの写真だけの
もうひとつのブログだよ




■ご注意■

*無断リンク禁止です*
リンク希望の方は
メールにてお知らせください
*写真転載禁止*
全ての写真・文章の転載
印刷等はご遠慮くらさい
*Copyright 2006~by sae
* All rights reserved. bysae

メールは
 risel_juno@yahoo.co.jp
@を半角に変更してください


フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事

自由になるということ

やっとヤスミがとれて久しぶりの休日デス
草地もところどころ雪がとけていて地面が見えています

さあてと、久しぶりにサンポだ!
ブランがやってきてはじめて遠出のサンポです
他の犬ドモは、雪の上でもへっちゃらなので暗くなっても裏のグランドにいけてたのですが
ブランは未知数なコトと、雪の上をトコトコしかあるけないので遠出はひかえていたんです

雪があれば走ることもできません
だからワタシの傍から離れないのですが・・・
今日は違います
さあて、どんな行動をとるでしょうか(笑)

うちに来て、すぐにヒートが来てしまったので大好きなジュニ男にいちゃんとはいっしょにオサンポにいけません
とりあえず、ブランの状態を把握しなきゃならないので、アディとエイラをお供にブランとオサンポに行ってきました
e0113228_23151744.jpg

ねっ監視係が二頭いるでしょ(笑)

時々、太陽も顔をだしています。が、風は冷たい
でも、楽しそうです
e0113228_22425129.jpg


さあて、だんだんとテンションがあがってきて
案の定、ブランは自分勝手な行動にでました
柵沿いに、トコトコすっごい遠くまでいってしまいました

が、何気にコッチをきにしながら行っているのです

ふーん、あんたってば付いてきてくれるとでも思ってるんだ
きっと、いままで離れたら「ブラン~まって~」って追っかけてきてもらってたでしょ

ウチはね、そうはいかないんだよ
つうことで、アディとエイラを連れてブランから見えないところに隠れました

隠れながらそっと見ていると・・・
「あれ?オカンたちこないなあ~」と必死にもどってきているブランが見えます(笑)

すっごい遠くまでいってしまったブラン
ドコにいるかわかります?
e0113228_22503931.jpg


丘の向こう側から必死にワタシたちを探し見つけたブラン
e0113228_22555167.jpg
e0113228_2256475.jpg


ホッとした顔ったら(笑)

ウチは、迎えに行くことはしないんだよ
ちゃんと覚えなさい

それでも、この後 またひとり勝手な行動をとったブラン
こんどこそ、ワタシと犬ドモはその場を去りました
もどってきたら居るなんてコトもなく、離れたのです

ブランは、入ってきたゲートのところで私たちが居ないのでウロウロ・・・
一声かけても、私たちに気がつかないほどでしたから
相当、焦ったに違いアリマセン
(その様子は、Paw Photography の方に載せてあります)

兎に角、必死に走ってきたブラン
自由でいるということは、ルールを守らなければ自由でいられないんだよ
それを自分で学びなさい


彼女がウチに来て、10日ほどたちました
やっと、やっと彼女の考えていること、言っているコトがわかるようになって一安心です
でもね、実は・・・本当のコトを言うと「怖かった」んです
もしかしたら、噛まれるかもしれない という気持ちもドコかにありました
噛まれるコトが怖かったのではありません、限界がわからないコトが怖かったのです
怪我をさせてしまったら・・・、怒るコトで恐怖心を植えつけ心を傷つけてしまったらと
でも、いまはありません
噛まれたところで、彼女を押さえつけ服従させる自信があります
怒るコトは、とても難しいことです
限界を超えて怒れば、犬は恐怖心から反撃にでてくる可能性もあります
臆病な子ほどそういう行動にでやすく、ブランの場合ソコがわからなかったからとても怖かったのです
が・・・、ブランの場合。怒るという行為は必要なさそうです(笑)

彼女は、イケナイことはイケナイと理解しています
が、ついつい行動にでてしまうことがあるようです
まっそれは、地道にちょっとづつ覚えていけばいいこと
そんなコトよりも、私自身が彼女の声が聞こえるようになってきたコトの方がずっと大事なコト
まだまだ表情が豊かではありませんが
これから、どんどん心からの笑顔が そして自由が彼女の中に広がっていくでしょう

私自身の肩の荷もおりました
まだまだ未知数なコトは、いっぱいありますが
彼女と本気でぶつかって暮していくコトができるようになりました^^

つか、オウチの中でのブランは本当に癒し系のカワイイあまえっ子デス
想像がつかないほど、あの大きな体で甘えてきます
ブランに逢えて、本当によかった そう思えます
これからも、ワタシの分身ブランをどうぞよろしくおねがいします^^
[PR]
by taisho_k | 2009-03-26 23:15 | 犬たちとの日常
<< 災害救助犬雪崩捜索試験 ねえちゃん・・・オモイ >>


その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧