『ボクらとオカンの・・・・漫才な日々』


北海道で暮らすボーダーコリー9頭とオカンの生活記録
by taisho_k
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
オカンの写真だけの
もうひとつのブログだよ




■ご注意■

*無断リンク禁止です*
リンク希望の方は
メールにてお知らせください
*写真転載禁止*
全ての写真・文章の転載
印刷等はご遠慮くらさい
*Copyright 2006~by sae
* All rights reserved. bysae

メールは
 risel_juno@yahoo.co.jp
@を半角に変更してください


カテゴリ
以前の記事

表彰式での会話

アディちゃんの表彰式にて・・・
ジャンピングが7席  AGが4席だったかな?逆かも(笑)不確かだけれど・・・
e0113228_2365637.jpg
e0113228_2371444.jpg
e0113228_2372613.jpg
e0113228_2374160.jpg
e0113228_2375147.jpg


e0113228_2312518.jpg


ジュニくんとオカンの繋がり写真 「最高の一枚」より
e0113228_23102547.jpg



遠いところに住む犬友達と素敵な時間をたくさん過ごしてきました。
競技会はもちろんのこと、その前後の素敵な時間
疲れは半端ではありません
なんせ、睡眠時間毎日数時間なんですもの(笑
でも、そんな疲れも楽しさからすればぶっ飛んでしまうほど。。。。
みんなに支えられてココまで成長してこれた、、、みんながいなかったら

昔から私と知っているたくさんの人たちから
「ココまで走るとは思わなかった」と言われました
「昔は、ただ闇雲にはしってただけだったもんなー、でも今はしっかり犬を見てるよな。前回見たときも成長したなと思ったけど、また成長したなー」と言ってもらえたり
「思いっきり、攻めてください」と言って下さった方に
「すみません、ジュニにちゃんと指示を出せなくて・・・次回はもっと・・・」と言いかけたとき
「すごかったですよ、特に一番から4番までのトンネルへの流れは、もっとオーバーランするかと思ったけど、タイトにトンネルへ向かいすごい意欲で、ラインも最高でしたよ」と
そう、そのぐらい犬たちは私の思いをくんで走ってくれたんです

でもね、でも・・・私は走り終わったとき「悔しい」という言葉が口から出たんです

ソレは、成績がどうのこうのではなく・・・
一生懸命走ってくれたジュニやアディに対して、私のすべきことが追いつけなかったことに対して

失敗した箇所
ジュニのスラロームの入り、180度のハードルを跳ぶとき、シーソーのロケット発射
今思い返すと、すべてにおいて一瞬ジュニを忘れ次のことを考えた瞬間に失敗が起きてました
アディにいたっては、競技会においてアディのスピードがあがりコマンドが遅れた時にクルと一回転をさせてしまった。
彼らは、ずっと私へ意識を向けて走ってくれていたのに・・・・


競技会が終わって、家に戻り お布団の中でアディとジュニを抱いて
「ありがとう
  次回はがんばるから
    これからもオカンを見捨てないでよろしくね」とつぶやき深い眠りにつきました

アディやジュニがずっと私と一緒に走るコトが楽しいって思ってもらえるように頑張ろう
そう心に誓った競技会になりました


そして、これからもたくさんの人に迷惑をかけて
いっぱいいっぱい成長させてもらいます
こんな世話のやけるオカンと犬ドモですが・・・これからもどうぞよろしくお願いします


たくさんの友人達に感謝・・・。

                            juno
[PR]
by taisho_k | 2008-05-27 23:38 | 犬たちとの日常
<< カウントダウン 嵐の後の静けさ >>


その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧