『ボクらとオカンの・・・・漫才な日々』


北海道で暮らすボーダーコリー9頭とオカンの生活記録
by taisho_k
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
オカンの写真だけの
もうひとつのブログだよ




■ご注意■

*無断リンク禁止です*
リンク希望の方は
メールにてお知らせください
*写真転載禁止*
全ての写真・文章の転載
印刷等はご遠慮くらさい
*Copyright 2006~by sae
* All rights reserved. bysae

メールは
 risel_juno@yahoo.co.jp
@を半角に変更してください


カテゴリ
以前の記事

後悔先にたたず・・・・

朝外にで排便

なんだコレ って思うぐらい太陽の日差しが暖かい
ポカポカ陽気で「春」のような日差し

もう、春はソコまできてるんだなあ・・・と、思ったのが間違いだった


昨日、雪がいっぱい降っててサンポをナシにしてしまったし
ちょっと林まで行こうか

と、今シーズン初のスノーシューを引っ張り出してきて出発
e0113228_19594724.jpg


深い、めちゃくちゃ深い 雪
昨日の積雪量だけで30センチを越えてるんだからあたりまえ
そのへんは覚悟はしてた

家を出たとたん天候がめまぐるしく変わる
すごい風が吹いて、地吹雪
e0113228_201762.jpg


それでも、まだ余裕
太陽もたまに顔を出すしね
「さあ、気を取り直して行こう!」
e0113228_2021721.jpg


歩くのは大変だけれど犬ドモは、どんどん先に行きます。
もちろん「ラク」したいヤツラが多いため一直線になって(笑

最初の除雪してある道路にでました
と言ったって、ココは横切るだけ(笑
また気を取り直して!
せっせと歩きます
が、この辺から犬たちの様子がおかしい
離れないんです
e0113228_2010996.jpg

ワラワラと私の周りを歩く
たまに、私のスノーシューが重くなったと思うとジュニが乗ってたり
何度となく・・・・前のめりでコケました
それでも、林まで行けばとがんばって歩いていたのですが
なぜか、スノーシューと靴の間に雪球ができて歩きにくく重くなる
「おかしいなあ、スノーシューの脂が切れたのか?」
私のスノーシューは鯨の髭でできてるのでたまに脂を塗ってやらんといかんのですが・・・
ウチに帰ったら塗ろうと思う程度

ココまで来たしなあ
とりあえず、林まで行こう
「さあ、気を取り直して行こう!」そう犬たちに声をかけて
e0113228_2082713.jpg

もちろん先頭はアディです。
コイツ、疲れるという文字はしらんのか?
e0113228_2084294.jpg
e0113228_208555.jpg


ちょうど半分ちょっと来たあたりで、気がついてしまった・・・・

「来るんじゃなかった(汗)」

でもなあ、ここまで来て引き返すのも・・・と、頭の中であーだこーだと考えるも
犬たちは、さっさと林の手前のフェンスまで
e0113228_2013350.jpg


ここは、いつも写真に写る林の手前のフェンス
だいたい90cmぐらいの高さがあるのだけれど
普段ならこんなフェンスひとっ飛びのジュニですが・・・
たったこんだけしか見えてないフェンスが越えられず待っているのです
「飛び越えさせて♪」と(汗
e0113228_2024997.jpg

足場がふかふかで踏み込めずジャンプできないのです
しょうがない、首根っこを「ふんず」と捕まえて、エッコラショと犬を持ち上げてあげます
犬たちもなれたもので、「へいオカン」と首を差し出してきます

さてと、林まで来たし少しは・・・と思ったのが甘かった
何も変わらず、ただただ雪
ほら、リセルさんもこんなに埋まってます
e0113228_20163043.jpg


途中にガクアジサイが雪のキャンバスの上に落ちてました
写真を撮ろうかなあ・・・と構えていたら、ジュニも見つけて「確認中」
e0113228_20183711.jpg


林の中でヨサゲな枝を見つけて枝投げっこ
最初は歩くのが大変だったけれど、バタバタと犬たちが走り回りあっという間に圧雪されて広場に♪
e0113228_20201459.jpg
e0113228_20204120.jpg

ひとしきり遊んで「さあ、帰ろうか!」と声をかける
が、え~まだ遊ぶと言っているのか、この来た道を帰るの?と言っているのか
e0113228_20215174.jpg

うごこうとしないリセルさんがソコにはいました

さてと、来た道を帰ります
e0113228_20225090.jpg


はあ・・・・オカンだってため息がでます
優しい親心をだすんじゃなかった
と、後悔したって遅い
来た分だけ、歩いて帰らなきゃいかんのです

しょうがない、歩こう 一歩歩けば家に近づく

帰り道・・・・犬たちは私の後ろを歩いてます
お前ら~~~
確かにお前らも疲れたかもしれないけど・・・・オカンだって


と、ブツブツ言いながら歩いていると

「キューン」 悲痛な声が聞こえてきました
ふと後ろを見るとぎゅうが・・・・
e0113228_20282097.jpg

「オカン、あたし歩けません」
「しょうがないでしょ~置いてくよ」と声をかけ歩き続けました

わかってます
そう、ぎゅうちゃんは雪球がついて歩けなくなっていたんです
わかります?
ぎゅうの後ろ足の横についている30センチ大の雪球
これが原因です

それでもスパルタオカンは行ってはあげません
「自分で来なさい」そういって歩き出しました

「キューン」また声がします
e0113228_20292276.jpg


どんどん離れていくオカンや他の犬たちを悲しげな目で見つめるぎゅう

「おいで~、がんばっておいで~ココで待っていてあげるから!」

ぎゅうは、がんばって歩き始めました
でも5メートルくるとまた立ち止まってこっちを見ます
「エライね、がんばれ もうちょっとだよ」

また歩き出すぎゅう
一生懸命歩いてきました

ぎゅうのお尻には3つの30センチ大の雪球が!
そりゃ~歩くのつらいよね
とってあげるから
手でとろうったってとれるようなデカサではありません
しょうがないぎゅうを横にして叩き割りました
やっとラクになって先頭をかけるぎゅう
ですが・・・あっという間に雪球が

ほら、この通り
e0113228_20332661.jpg



行きにスノーシューに雪球がついて歩きにくいと思ったのはスノーシューのせいではありませんでした
とにかく重い雪のせいで・・・・
犬も人も楽しい散歩というよりは、過酷なトレーニングをして帰ってきたような気分のサンポになってしまいました

もちろん、家に戻り 疲れはどっとやってきました
犬もオカンも静かに吐息をたてて寝てしまいました

後悔先にたたず・・・・・
もう少し暖かくなれば雪がしまるんだけれどなあ
春先の雪は重い

きっと、明日 筋肉痛です
[PR]
by taisho_k | 2008-02-17 21:43
<< 斧が必需品 ボスの存在 >>


その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧