『ボクらとオカンの・・・・漫才な日々』


北海道で暮らすボーダーコリー9頭とオカンの生活記録
by taisho_k
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
オカンの写真だけの
もうひとつのブログだよ




■ご注意■

*無断リンク禁止です*
リンク希望の方は
メールにてお知らせください
*写真転載禁止*
全ての写真・文章の転載
印刷等はご遠慮くらさい
*Copyright 2006~by sae
* All rights reserved. bysae

メールは
 risel_juno@yahoo.co.jp
@を半角に変更してください


カテゴリ
以前の記事

死の淵をさまよった

「死の淵をさまよったぎゅう」



まったくぅ~
ぎゅうは、何でも覚えてしまう
犬舎のあけ方も、見て覚え鼻でクイックィっと・・・持ち上げれば とか
ご飯もスープが多いと思うと、皿の端っこをもってスープだけ捨てたり
(って、そのあと私が拭くんだよ!怒)
まったく覚えなくていいことを覚えるヤツ

夏のある日
仕事の資料をとりに家に4時ごろもどった
したら、ぎゅうが玄関に居る!
あいつは外の犬舎にいたんだけれど
脱走を図った
庭をフラフラ遊んで歩いて・・・やばい、母ちゃんに怒られる!って 気が付いた
で、ぎゅうは玄関の前から一歩も動かずオカンの帰りを待っていた

献身的な犬なのか!
って、だったら脱走なんてすんな~!!!!!!

家に戻って
「ぎゅうちゃん、なにしてるの!怒」
ぎゅうは、私のところに擦り寄って・・・・
へんだ!ぎゅうの歩き方がへん
なんかおかしい
ただ事ではない
で、すぐに病院に駆け込んだ!

なんとなく、チック症状がでているようで
歩き方も変だった

病院の先生から
「症状が、熱射病の症状ですね」
そう言われた

バカだ!
傍には水もあったのに  飲むことも体を冷やせる桶もあったのに
あいつってば、出たことで
怒られると思って玄関の前から動かなかったんだ!
なんて、バカ(泣

ぎゅうの目は、挙動不審で目の焦点があっていない
先生は、すぐに注射を打ってくれた
安定剤だ
打ったとたん、ぎゅうの顔が、ぎゅうの顔にもどった
へんな書き方かもしれないけれど
そうなのだ!
ぎゅうの表情にもどった
まずは、脱水症状を抑えなければならないから
点滴をする。
点滴も、チューブのところを氷で挟んで冷やした点滴を身体に入れる
身体も、水で冷やす
氷を目の前に置くと、すごい勢いで喰らいつく
お前!って思うほどの喰らいつき方
はいはい、いっぱい食べなさい

安定剤を打っているため、たちあがれない
横たわったまま
ぎゅうは、オシッコをしてしまった
で、オシッコをしてしまったことに
ぎゅうは、焦り怒られるって思ったのか
暴れた!
そんなにならなくても
「ぎゅう、いいよ、今はそのまましなさい」
そう声をかけた
ぎゅうは、安心したのかそのままオシッコを垂れ流した

先生が「今日は入院して様子をみますか」と言った
が、私は「いいえ、ぎゅうは私がいないと、また焦り興奮状態になると思うから。。。かわいそうなのでつれて帰ります」そう言った
先生も許してくれた
本来なら、多分許されない状況にあった

ぎゅうでないぎゅうをつれて家に帰った
チック症状が出ている
変だ、もう、このまま脳に異常が残り半身不随
平衡感覚を失った状態に一生なるかもしれない
そう、思ったし、覚悟も決めた

家に帰る途中、コンビにで氷の袋を買ってきた
病院でも一袋食った!

一晩中、氷を食いまくるぎゅう
お客さん用に布団を持ってきてぎゅうの周りにひいてあげた
暴れるときがあるので、頭をぶつけたりするのだ
ぎゅうが氷を食べ続け、家に戻ってから2袋食べ続けた
その間、ウトウトすることもあったが、
その後はすぐにオシッコをもらした
布団をかえてあげて、優しい笑顔でいいよし続けても
安定剤を打っているからたちあがれないぎゅう。。。
いいよ、落ち着きなさい
落ち着く事をさせる事しかできなかった

明け方4時くらいまでは記憶がある
朝、目を覚ましたのが6時くらい
その時ぎゅうはぐっすり眠っていた
運良く、休みだったのでずっとぎゅうの傍にいた
午前中に一応、先生に連絡したら
一度つれてきてくださいといわれて連れて行った
そのときには、少し歩けるようになっていた
が、病院で注射を打ったらまた歩けなくなった
歩いても、どこかに頭をぶつけたり。。。

とにかく、今回オシッコをもらしてしまったり、頭をぶつけることでぎゅうのプライドだけは傷つけたくなかった、、、
彼女は、そういった行為をする事で、すごいショックを受けているのがわかったから、、、

2日して、ぎゅうが普通に歩いた
薬は飲み続けたけれど、あ~もう一安心だと思ったのは
2日目の夜だった

先生から、言われた
ムリだと思ったと
ここまで看病したから普通になったけれど
一歩間違えた死んでいたと、、、
背中に汗がスーっと流れた

あ~まったくぎゅうは!
今、ぎゅうは何事もなかったように元気で過ごしている
いわれるまでもなく、ぎゅうの犬舎の扉は厳重にチェーンが二重に巻かれた(笑

熱射病はとにかく時間が勝負!
そして、次の日からは、犬舎の前にホースで水をキリのようにしてまき続けた
空気を少しでも冷やすために

北海道でも異常なほども暑さになるここ数年
北海道のいぬ達は、かなり暑さに弱い、、、

これは、とある夏のオカンの日記です
熱射病の症状にもイロイロあると思うけれど・・・
こんな症状がぎゅうは出ました。
これから暑くなるシーズン
気をつけてくださいね
[PR]
by taisho_k | 2007-05-20 08:25 | 犬たちとの日常
<< フル稼働 (汗 フフフ 勝ったな(-_-メ) >>


その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧