『ボクらとオカンの・・・・漫才な日々』


北海道で暮らすボーダーコリー9頭とオカンの生活記録
by taisho_k
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
オカンの写真だけの
もうひとつのブログだよ




■ご注意■

*無断リンク禁止です*
リンク希望の方は
メールにてお知らせください
*写真転載禁止*
全ての写真・文章の転載
印刷等はご遠慮くらさい
*Copyright 2006~by sae
* All rights reserved. bysae

メールは
 risel_juno@yahoo.co.jp
@を半角に変更してください


カテゴリ
以前の記事

300㌔

日曜日の夜中に遠出をしようと思ったのだが・・・
一眠りのつもりが、朝までねてしまった

気がつくと、朝の6時^^
仕方ない、イヌドモを車に積み込み いざ出発

昨晩のウチに燃料も満タン!、荷物も積み込んであったので6時半には出発できました
って、寝坊したんだけどね^^

ウチから一気に一時間半
ソコには、ちょこっとだけ顔を出した羊蹄山がいました
e0113228_22204195.jpg


そんな風景なんて気にせず、爆睡中のエイラ嬢
e0113228_222126100.jpg


二時間弱で、ニセコまで行くルートを教えてもらい^^行くコトができました

そうそう、その前にやっぱり寄らなければならないトコがあるでしょう^^
「湧き水」がある場所には必ず寄って、イヌドモとワタシの水を確保
e0113228_2235652.jpg

そうココは、湧水で有名な京極町の「ふきだし公園」
ブランをお供にタンクを持って行きました
が、途中でブランはお留守番です
水が沸いているトコには、「犬立ち入り禁止」の看板
我慢してもらいましょう^^
「待っててね」というコトバを残し階段をおりていきました
ソコはこんなトコ
e0113228_22384045.jpg

ガマンして待っていてくれたブランと一緒にお水を運びます
e0113228_22391662.jpg


気を取り直して出発!ゴールまで一気にと思ったのですが
倶知安で、知り合いの動物病院へ顔を出して挨拶
何年ぶりに行ったでしょう
って、何度も通るのですが夜だったり朝早かったりでいつもチャンスがなくて
リセルたちが小さい頃にお世話になったご夫婦です
ウチのイヌ達の報告
そして、ついでにブランの体重をはかってもらいました
e0113228_2232810.jpg

オマケにクッキーまでいただいてきてしまいました^^

そうそう、ブランの体重ですが26㌔弱
だいたい2㌔ぐらい増えていました
「ねえ、ブラン 幸せぶとり ですか?」(笑)

さてと、水を汲んだり顔をだしたりと一時間近く遊んでしまいました^^
では、ゴールまで一気に行きましょう

着いたとたん、待っていてくれたのは・・・コレ
e0113228_22405426.jpg

ブリです(笑)
友人のうちの息子さんは漁師さん
ワタシの為に、朝持って帰ってきてくれていたそうです^^
早々にさばいて処理をしました

ブリは、ウチの父が生前よく釣ってきてくれたなじみの深い魚
小さな頃から台所でさばく魚を見て楽しんでいたコトを思い出します^^
懐かしい味 ホントウに嬉しかったです
そして、父から譲り受けた血(笑)
捨てるなんてもったいない!^^ 
心臓、レバー、腸、胃袋 とすべて処理して甘辛く煮ました
e0113228_2244532.jpg

お昼と夕ゴハン用に刺身をとって、残りのアラ、頭、そして身は塩焼き用と照り焼き用に味をつけてジップロックに入れて持って帰れるように
ありがたいです

さてと一段落したし
イヌ達を開放です
久しぶりに来た友人宅
イヌ達は、匂い嗅ぎに忙しそうです
やっと匂い嗅ぎも終わり、嬉しそうなイヌ達
e0113228_2247487.jpg

e0113228_22472339.jpg
e0113228_22473338.jpg
e0113228_22474281.jpg
e0113228_22475340.jpg


長距離の移動の間、排便だけでガマンをしていたイヌ達
ホントウに嬉しそうです
こうやってお出かけすると犬とずーっと一緒にいられるので大好きです

そうそう、あんまり写真には写していないけど
ブランとセリーって、ジュニとブランぐらい仲良しなんです
e0113228_22493340.jpg

今度、絡み合っている写真を撮りますね

さてと、友人宅の前は海です
まだ、泳ぐには水温が低いので連れて行きませんでしたが
ブランだけは「海」を見せてやりたいなあと思いサンポへ


彼女には、怖いとか動揺するというコトバは知らないようで
海にもまったく動じず(笑)
e0113228_2304714.jpg

こんな細いトコでも平気でいられるんです
Paw Photography Smiling Dogs <経験>
e0113228_2302818.jpg


さてと、夕ゴハンをちょっと早い時間にあげました
みんなで外でゴハンです

e0113228_22543452.jpg


夜にウチに帰る事もできたのですが・・・実は、次の日にニセコの友人から依頼があった仕事のお手伝い?
顔合わせにだけ行くことに^^
オーストラリア人が経営する会社で勤めている友人
ニセコでコンドミニアムなどを建てているのですが、今回は6棟建てた建物の周りに樹木を植えて欲しいという依頼
紹介をした手前、いちおう顔出し
つうことで、友人宅で泊まって朝8時に家を出てニセコまで行ってきました

こんなカンジのコンドミニアム
e0113228_2344241.jpg

枕木以外の部分は、噴き芝で種を撒き ぜーんぶ緑の絨毯になる予定だそうです
枕木の真中部分では、火が炊けるようになっていて、BBQもできるそうです

なんでも、オーストラリアの人たちにはこんなカンジのモダンな建物がうけるらしく・・・近代的です
この棟は、一番大きな棟で 夏場は7万円グライで1棟借りられるそうです
人数無制限?(笑)
部屋数は、一階(半地下)にランドリールームがあって、その左右にシングルベットがふたつある部屋が二部屋
両方ともに、トイレとシャワールームがついています

そして、二階(一階)部分は
リビング
e0113228_2375172.jpg

撮り忘れましたが、ベランダにはジャグジーが付いてます
反対側にキッチン
e0113228_2381935.jpg


そして、三階部分(二階)には、二部屋 コレもシングルふたつのベットがあります
e0113228_2392131.jpg

もちろん各部屋にシャワールームも付いてます
(確か、どっかの部屋はお風呂になっていたような・・・)
e0113228_2394494.jpg


とまあ、こんな無駄な作りですが
結構、ステキでした

他にも色々なタイプのコンドミニアムを持っている会社です
冬は、オーストラリアの方対象で値段は張りますが
夏場なら、大人数でリビングとかに寝たりして泊まれば安くなります

注)犬は入れません!そして禁煙です(笑)

そんなこんなで、お手伝いをして二時ぐらいにニセコを出発して帰ってきました
もちろん、着いてすぐに仕事です

ホントは、ニセコに行くとjojoとその一階にあるアウトドアショップに必ず寄って物色するのですが・・・今回は時間がなくて断念
まっまた行こうっと

走行距離300㌔
久しぶりに疲れました
イヌドモも、安心したのか床でそれぞれ爆睡中です

ワタシも寝よっと^^ オヤスミナサイ
[PR]
by taisho_k | 2009-06-16 23:13 | 犬たちとの日常
<< 無事に育ってね おでかけ >>


その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧